天然毛と人工毛

| 未分類 |

shopping03_l

 

 

 

メイクをする際にブラシを使用してフェイスパウダーなどを使用している方が多いとされていますが、基本的にお化粧に使用するブラシには天然の素材を使用したブラシと、人工的に作られた素材のブラシの二つに分けることができます。

 

ブラシに多く使われている山羊やリスなどの天然毛のメリットは、なんといってもパウダー類をよく含んでくれ、パウダーをまんべんなく肌に乗せる事ができる点です。しかし水や洗浄に弱いデメリットがありますので、使用した後に洗浄することができないので耐久性という点では人工毛や合成毛に比べると劣ってしまいます。

 

一方、人工毛、合成毛で作られているブラシは、天然の毛で作られているブラシに比べて表面がつるつるとした毛になっていますので、パウダー類の粉の含みがあまり良くなく、肌にうまく乗せる事ができない場合が多いです。

 
ですがその分、リキッド系の化粧品であるリキッドファンデーションや化粧下地をブラシにつけて肌に使用する場合には、リキッド系の化粧品に含まれている油水をブラシにつけても毛に均等に液がいきわたりますので、綺麗に肌にファンデーションなどを塗ることができる強みがあります。また、獣毛にアレルギーのある人でも、人工毛であれば安心して使用できますので、使用している化粧品に合わせて化粧用のブラシも変える必要が出てきます。